オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
勉強方法は色々
前回は、自宅でAutoCAD(オートキャド)を使って仕事をすることと、作図スピードが仕事に与える影響についてお話しをしました。

操作が遅いよりも早いほうが有利なことは間違いのない事実ですし、最終的には自分の為になることです。

なので、これからAutoCAD(オートキャド)を勉強しようと思っている方なら特に、操作スピードを意識しながら勉強をしてみてはいかがでしょうか。

という訳で、仕事のお話しはとりあえず休憩して、今回はAutoCAD(オートキャド)を勉強する際に色々と考えることについてお話しをしていこうと思います。

AutoCAD(オートキャド)を覚える方法というのは、本当に様々なパターンがあります。

このサイトでは、独学で覚える方の為になりそうな話を色々としている訳ですが、もちろんスクールに通って覚えたり、もしくは通信講座を使って覚えたりする方法もあります。

どういう手段を選択するのかは、勉強する本人の意志と時間的・経済的な都合によって変わってくるんですね。

「あまりお金をかけないで覚えたい」と考えている方は多いと思いますが、その場合は先生が簡単に教えてくれることでも自分で調べる必要が出てきます。

そう言う意味では、お金をかけないで多少余分に時間をかけている、と言うことが言えるでしょう。

そうした事実も含めて、これからどうやってAutoCAD(オートキャド)を勉強していくのかをしっかりと考えていくことは、今後仕事をしていく為にも重要な要素であると言えるでしょう。




スポンサーサイト
オートキャドのスクール
勉強方法を決める前に
AutoCAD(オートキャド)を勉強する手段はたくさんある、というお話しを前回はしてきました。

このサイトに目を通しているということで、とりあえずは独学で勉強することを考えている、という前提でお話しを進めていきましょう。

スクールに通う為には、それほど安くない金額が必要になってきますが、それによって一定のレベルには到達できると思います。

でも、それを選択する前に、自分でどこまで出来るのかを調べることは出来るはずです。

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段について説明したときもそうでしたが、いくつかの手段があるときには、それぞれの良いところをきちんと掴んでおく。

その上で、どれを選択するのかを決めれば良いのです。

逆に言うと、そうした材料を集める前に判断してしまうのは危険だということになります。

ですから、基本的には独学でAutoCAD(オートキャド)を覚えようと考えている方でも、それ以外の選択肢があることをしっかりと意識しながら考えていくことをお勧めします。

結論がひとつしかない状態では、何を考えても結局答えはひとつしかありません。

そこに選択肢というのは存在しませんから、完全に納得できる答えにはならないはずです。

それでは本当に良い答えなのかが分かりませんから、時間やお金という要素を含めて、出来るだけベストに近い答えを出すように考えてみてはいかがでしょうか。




オートキャドのスクール
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。