オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
オートキャドのプロとして
前回は、AutoCAD(オートキャド)の「ブーストキー」を使った作図方法と、「アイコン」を使った作図方法とを比較してみました。

「ブーストキー」は私自身が使っている操作方法ですから、読んでいて少々自慢のように感じた方もいるかも知れません。

でも、これは単なる私の自慢話では絶対にありません。

ここを勘違いしないで頂きたいと思います。私としては、こうしたことを自慢しても全然嬉しくないですから。

この話は自慢などではなく、今までの経験から私が考えるアイコンの欠点についてお話ししただけです。

「あまり適当なことを言うな」などと言った苦情が出てくるような気がしてしまいますが、それでも私のお話しした内容はそれほど的はずれではないと思います。

作図スピードを磨くと言うことは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図することにとって、非常に重要な要素であると言えるでしょう。

ですから、こうした「どちらがより便利で早いか」というような議論は、どんどん行う方が絶対にいいんですよね。

以前もお話ししましたが、細かい時間を大切にしてこそAutoCAD(オートキャド)のプロなんです。

こうした部分は、大いにこだわっていくべきだと私は思いますが、いかがでしょうか。

それぞれの方法を比較して、「絶対にアイコンの方が早い」と思う方は、自信をもってアイコンを使えば良いのです。

与えられた初期設定をそのまま使うのではなく、「どれが一番良いか」という点について考える必要がある、ということですね。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。