オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
それでも役割はある
前回はAutoCAD(オートキャド)を使って作図をする際に、プルダウンメニューをどんな状況で使うかについてお話しをしました。

使用頻度の低いコマンドに関しては、コマンドの実行までに多少のロスがあったとしても、その数の少なさを考慮してプルダウンメニューを使う、という話でした。

コマンドの使用頻度によって操作方法を変えるという考え方は、短縮コマンドについて解説をした際に、色々とお話ししたと思います。

「よく使うコマンド」には押しやすいキーを割り当てておき、「あまり使わないコマンド」の場合には、多少遠くて押しにくいキーでも構わない、という考え方でした。

プルダウンメニューで使うコマンドに関しても、この時の考え方が適用される訳ですね。

短縮コマンドに割り当てることもしないくらいの使用頻度ならば、あえてアイコンを表示させておく必要もないでしょうから、そうした時にこそプルダウンメニューを利用するんですね。

もちろん私もこの考え方を徹底していますから、時々プルダウンメニューを使っています。

具体的には「点スタイル管理」とか、「リージョン」とか、「ヘルプ」とか、そういった使用頻度のコマンドをプルダウンメニューで実行しています。

どちらも使う場面が非常に限定されているコマンドですね。

もちろん作図している図面によって、AutoCAD(オートキャド)のコマンドの中で使う頻度というのは変わってきます。

ですから、私がプルダウンメニューで使用しているコマンドというのはあくまでも参考程度でしかありませんが、それでも何となく雰囲気は伝わるのではないでしょうか。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。