オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
良いところだけを取る
前回までで、プルダウンメニューの特徴についてはあらかた話が終わりました。

結構長い話になってしまいましたが、AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段のひとつとして、プルダウンメニューが持っている役割が何となく掴めたのではないでしょうか。

私としても、あまり普段は意識しないプルダウンメニューについて考える良い機会になったと思っています。

プルダウンメニューの良いところなんて、普段は全然考えませんから、こうした機会にじっくりと考えることが出来たのは、私にとって大きな収穫でした。

AutoCAD(オートキャド)の操作について誰かに説明するという行為は、説明する側にも勉強になるという点で、大きなメリットがあるんですね。

今回の話は、そうした事実をはっきりと表しているのではないでしょうか。

基本的な考え方として、マウスを使ってAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行するのは、時間と手間を考えるとなかなか難しいという結論に至りました。

もちろんそれぞれの方法にはそれぞれの良いところがある訳ですから、ひとつの手段だけで図面を描き終えることは難しいんです。

そういった理由で、今までいくつもの手段を詳しく解説してきました。

こうした知識を一通り頭に入れてしまえば、あとは作図状況に応じて最適な手段を使い分けていくことになります。

そこまでのレベルに到達すれば、AutoCAD(オートキャド)を使った図面の作図という作業は、とても身近なものになると確信しています。

もう少し同じような話が続きますが、どうか最後まで読み進んで頂きたいと思います。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。