オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
失敗の質
オートキャド(AutoCAD)を効率よく勉強する為には、仕事で失敗をするほうが良い。

そんな事を前回は書きましたが、勘違いを生みそうな表現だったので、ちょっとだけ補足をさせてください。

仕事で失敗をしながら覚えていくことが、オートキャド(AutoCAD)を早く覚える近道である。

これは私も実際に経験していることですから、決して間違いではないと思っています。

ただ、単に失敗が良い、という訳ではないです。

全力で取り組んで、その結果上手くいかない事もあって、そうした経験が自分の財産になる、ということです。

適当に仕事をした結果の失敗は、そのまま失敗でしかなくて、良い経験になることとは別の話。

会社も遊びとか慈善事業でオートキャド(AutoCAD)を使っている訳ではありません。

だから、その人がどんな姿勢で仕事をしているか、というのを真剣に観察をしているはず。

少なくとも、オートキャド(AutoCAD)を教える立場である私は、その辺をじっと見ています。

本人の姿勢、失敗の質、今後の可能性、などなど。

前向きに全力で頑張る人なら、多少失敗するところを見ても、後々のことを考えて「無駄ではないな」と思ったりします。

ちょっと説教じみた感じになっちゃいましたけど…



オートキャドの学習方法
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。