オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
オートキャドの基本コマンド
今回はAutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図していく際に、よく使うことになるコマンドについて具体的に考えてみたいと思います。

これは作図効率を左右する重要な設定ですので、じっくりと検討していくことをお勧めします。

最初に結論から言ってしまうと、図面を作図する際によく使うことになるコマンドは、やはり本当に基本的なコマンドになります。

例えば線を引くコマンドである「LINE」、オブジェクトを消去するコマンドである「ERASE」、オブジェクトを移動する「MOVE」、複写する「COPY」などなど…。

図面を手で作図することを考えると、基本的な作業はやはり線を引いたり消したりという作業になると思います。

そうした作業が多いという事実は、ツールが手描きからAutoCAD(オートキャド)に変わっても同じなんですね。

もちろん手描きの頃には「MOVE」や「COPY」は出来ませんでしたので、まるっきり同じ考え方という訳ではありませんが…。

なので、短縮コマンドに割り当てるキーは、まず基本的なコマンドを割り当てることをお勧めします。

基本的なコマンドを高速で使えるようにする。

そして、その為に短縮コマンドの「押しやすいキー」を掴んでおき、そのキーによく使うコマンドを割り当てる。

これこそが図面の作図スピードを高める大きなポイントなんです。覚えておいて損はありませんよ。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。