オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
短縮コマンドの設定-6
前回はpgpファイルの構成について簡単に説明をしました。

A, *ARC

今回は上記の1行を例にとって見てみましょう。

これらの1行1行がAutoCAD(オートキャド)の短縮コマンドの設定になっているんです。

勘の良い方ならば何となく分かったかも知れませんが、左側の文字が短縮コマンド、右側がそれに対応するコマンド名という関係になっています。

この場合、A+Enterで「ARC」コマンド、つまり円弧作図コマンドが使用できる、ということになっています。

これは初期設定ですから、もし今目の前にAutoCAD(オートキャド)があるのなら、実際に試してみましょう。

Aという短縮キーで、円弧作図コマンドは実行できたでしょうか。

まずは短縮キーとコマンドの関係をしっかりと理解しておきましょう。具体的に言うと、下記のような関係ということになりますね。

短縮キー,     *コマンド名 

短縮キーの後に付いている「,(カンマ)」と、コマンド名の前についている「*(アスタリスク)」は必要な文字です。

何故必要なんですか?と質問されても答えられませんが、ここだけは何もいじらないでおき、設定を続けることならば私にも出来ます。

一度にたくさんの(必要のない)ことを覚えようとしないで、確実に必要な部分だけを覚える方が話が早いです。

手順を覚えた後で、どうしても気になるのならば徹底的に調べるのが良いと思いますよ。少なくとも私は全然気になりませんでしたけど…。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。