オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
少しでも便利な手順を
前回は短縮コマンドを実行する手段として、どの手段がお勧めなのかという内容についてお話をしました。

その中では「Enterキー」はあまりお勧め出来ないことと、「マウスの右クリック」は便利なのでお勧めであることが、結論として出ました。

今回は最後の1つとして「スペースキー」のついて、便利かどうかを考えていきたいと思います。

「スペースキー」についてですが、これはマウスの右クリックを「Enter」キーと同じ役目に割り当てるかどうかで、その使い方が大きく変わってきます。

もし「Enter」キーをショートカットメニューで使いたいのなら、短縮キー+「スペース」キーというパターンでAutoCAD(オートキャド)のコマンドを使うことになります。

少なくとも「Enter」キーよりは全然便利ですから、右クリックを「Enter」の代用にしないのなら、「スペース」キーを使いこなすことをお勧めします。

ですが、やはり短縮コマンドのキー入力をする方法と、その短縮コマンドを実行させる方法とは、別々に考えた方が操作は早いのではないでしょうか。

少なくとも私はそのように考えています。

もう少し具体的に言うと、短縮キーは左手でキーボードから入力を行い、その後ですぐにマウスの右クリックによってコマンドを実行する、という方法です。

この方法だと、キー入力をしてから右クリックをするまでの時間が短くて済みます。

こうした細かい部分は非常に大事ですので、AutoCAD(オートキャド)のプロならばこだわっていきたいものです。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。