オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
オートキャドでアイコンを使う
さて。

今まで本当に長い時間をかけてAutoCAD(オートキャド)の短縮コマンドについてお話しをしてきました。

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する方法は色々とありますが…なんて言いながら、全然先に進みませんね。

でも、ようやく短縮コマンドの話が終わりましたので、次の方法についてお話しすることが出来ます。

AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段として今回お話しするのは、アイコンを使った方法です。

アイコンというのは、AutoCAD(オートキャド)の作図画面上側に配置されているボタンのことを指します。

このボタンを押すことによって、ボタンに割り当てられた機能を実行することが出来る、という仕組みです。

こうした機能はAutoCAD(オートキャド)だけではなく、ワープロや表計算ソフトなどでも同じですから、割と馴染みのある方法ではないでしょうか。

アイコンをクリックすることによってコマンドを実行する訳ですから、操作は当然キーボードではなくマウスで行うことになります。

このあたりの感覚が、今までお話ししてきたフルコマンド入力や短縮コマンドとは大きく違っています。

どちらがより便利なのか?という話はもう少し後でしますが、こうした違いだけはとりあえず頭に入れておきましょう。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。