オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
カスタマイズの考え方
前回までの話で、AutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段として、アイコンについて色々と話題にしてきました。

その際に、アイコンのメリットとして「複数のコマンドを同時に一つのアイコンに割り当てられる」という点を挙げました。

ただ、表現が少々漠然としていましたので、今回はそのあたりについてもう少し詳しく説明したいと思います。

アイコンをクリックすることによってAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する場合、基本的には以前お話しした「フルコマンド入力」と同じ考え方でコマンドを実行します。

つまり、COPYコマンドであれば、そのアイコンには「COPY」というコマンドが割り当てられている、ということです。

そして、もう一点重要なのが、アイコン毎に割り当てられているコマンドの中身を自由に編集出来る、という点です。

逆に考えると、自分の自由に編集した内容をアイコンに割り当てることで、オリジナルの便利なアイコンを作ることが出来る、と言えます。

これがカスタマイズの入口になる訳ですが、今回はこれ以上詳しく話を進めていきませんので、安心してくださいね。

カスタマイズの話は置いといて、「自分の自由に編集した内容」と言うところが今回お話ししたい部分なんです。

この部分に複数のコマンドを使うことが出来るというのが、アイコンを使った方法の大きな特徴なんです。

1回アイコンをクリックすると、複数のコマンドを実行出来る。

これは、フルコマンド入力にも短縮コマンド入力にもない機能です。詳しい使い方はとりあえず後回しにして、今回はこの特徴だけはしっかりと掴んで頂きたいと思います。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。