オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
アイコンの中身-1
すみません。前回は話が大きくそれてしまいました。

話は今のところ「ファイルを開く」というアイコンの内容が表示されたあたりまで進んできました。

このダイアログBOXの中身を見ていくと、大きく分けて4つの項目があることが分かります。

具体的に言うと、「名前」「説明」そして「このボタンに関連付けられたマクロ」という3つの項目があります。

そして、その右側にはアイコンを自分で作成することが出来るコーナー(と呼ぶかは知りませんが…)が用意されています。

これらの要素を編集しながらアイコンを作り上げていく訳ですが、その前にこれらの項目がどんな役目を持っているのかについて、一つずつ確認をしていきましょう。


・名前

ここにはアイコンの名前が入ります。

名前なんてあまり関係ないのでは?と思う方もいるでしょうが、カスタマイズをしていく中で、色々と使うことになるんです。

なので、あまり適当な名前をつけることはやめておきましょう。

あと、「名前」にはもうひとつの役目があります。

カーソルをアイコンの上に移動させた際には、そのアイコンが持っている機能が表示されるようになっています。

そこに表示されるのが「名前」項目に入力されてる文字なんです。

あまり機能とかけ離れた名前をつけてしまうと、何が何だか分からなくなってしまいますので、要注意です。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。