オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
「^C」の役目とは
前回はAutoCAD(オートキャド)のコマンドを実行する手段であるアイコンの中身についてお話しをしました。

その中で、アイコンの内容はどうなっているのか、と言うことで、「ファイルを開く」アイコンの内容を調べてみました。

その結果、「ファイルを開く」アイコンの中身が「^C^C_open 」であり、「open」というコマンドが入力されていることが分かりました。

アイコンは基本的にAutoCAD(オートキャド)のフルコマンド入力を使っている、ということです。

では、「open」の前に記入されている「^C」という文字列はどういった役割を持っているのでしょうか。

今回はそれについて考えてみます。

結論から先に言ってしまうと、「^C」という文字列には「Escキーを押す」という意味があります。

どうして「open」コマンドの前にこうした文字が2回繰り返されているか分かりますか?

答えは単純な話です。

どんなにコマンドの途中だったとしても、そのアイコンをクリックすることによって、確実に割り当てられたコマンドを実行する。

コマンドの前に「^C」が記入されているのには、そういった意味があるんですね。

この文字列は、ほぼ全てのアイコンに記入されていますので、その役割をきちんと覚えておきましょう。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。