オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
細かい部分を気にする理由
前回はAutoCAD(オートキャド)の操作方法として、アイコンが持っているデメリットについてお話しをしました。

コマンドを実行する手段と、実際にAutoCAD(オートキャド)上でオブジェクトを指定する手段。

これらの異なる目的を、同じマウスという手段で行う部分にロスが出てくる、という話でした。

こうした話を聞いて「ちょっと話が細かすぎるよ…」と思われる方もいるかとは思います。

でも、確かに細かい話なのかも知れません。

ですが、仕事としてAutoCAD(オートキャド)を使うのであれば、細かすぎるということは絶対にありません。

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図した場合、1枚の図面を完成させる為にはそれこそ数え切れないくらいのコマンドを実行することになるはずです。

それこそ何万回というレベルの話です。

その膨大な数の操作にかかる時間というのは、数が多いからこそ、その積み重ねが大きいんです。

プロならば、こうした細かい部分にとことんこだわるべきだと思います。

確かにこうしたことを考える為には労力が必要です。

でも、AutoCAD(オートキャド)の初期設定で効率の悪い作業を続け、その結果として時間をロスすることに比べれば、それほど大した労力ではないと思いますが、いかがでしょうか。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。