オートキャドのスクール
カテゴリー
オートキャドの仕事を探す
最近の記事
オートキャド

ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告
クリックするのは手間か
前回は、アイコンをAutoCAD(オートキャド)の画面上にたくさん配置した場合に出てくるデメリットとして「画面が狭くなる」という点についてお話しをしました。

続いては「アイコンのクリックが手間」という点についてお話しをしたいと思います。


・アイコンのクリックが手間

アイコンというのはその性質上、コマンドの区分をボタンイメージで行います。

「ボタンイメージ」とか言うと分かりにくいので、もう少し簡単に表現をすると、アイコンに描かれている「絵」によって、その機能を判別することになる訳です。

これはAutoCAD(オートキャド)以外のアプリケーションでも同じような操作方法ですから、何となく分かると思います。

アイコンですから、イメージによって機能を判断するのは当然のことではあります。

でも、あまりにもたくさんのアイコンを画面上に配置すると、画面が狭くなるのとは全然別の問題が出てきます。

画面上にたくさんのアイコンが並び、コマンドを実行する度にその中から実行したいアイコンを選んでクリックする。

この作業を、作図が完了するまで続けることになるんです。これって結構キツイと思いませんか?

何がキツイかと言うと、たくさんあるアイコンの中から目的のアイコンを探すことです。

これは結構時間のロスになると思いますが、いかがでしょうか。




オートキャドの操作
 / オートキャド(AutoCAD)設定講座のトップに戻る / 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。